インビザライン

マウスピース矯正(目立たない矯正:インビザライン)

全世界で300万人以上の患者さんの治療に使用されている
透明な”マウスピース”のような矯正装置です。
ワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。
また、普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。
通院回数も少なくて済みます。

 

インビザラインのメリット

1. 目立たないからストレスが少ない

インビザライン・アライナーは透明で目立たないため、装着していることがわかりにくく、
見た目に関するストレスを軽減します

2. いつでも取り外せる

り外しが可能なため、いつでも簡単に歯のお手入れができ、

口腔内を健康な状態に保つことができます。

3. 現状の歯の動きを確認できる

3次元治療計画ソフトウェアを通じて、治療開始から完了に至るまでの歯の移動を、
コンピューター画面上で画像および動画として確認することができます。

4. 矯正装置が落ちたなどのトラブルがない

金属製のワイヤーやブラケットを使用しないため、
治療期間中に装置が脱落するなどの緊急性を要することがありません。

 

従来の矯正装置との違いについて

 

従来の歯列矯正 (ワイヤーとブラケット治療) Invisalign Systems

従来の歯列矯正
(ワイヤーとブラケット治療)は目立ちやすい 。

インビザライン・アライナーは目立たないため、治療中であることを他人に気づかれにく 。

矯正装置の調整を行うたびに痛みを
感じることがあります。

最初のアライナー装着時や次のステージの
インビザライン・アライナーに交換した後に、
歯の圧痛を経験する場合があります。

矯正治療中は、固定された矯正装置を、
取り外すことができません。
このため、食べにくい物があり、 矯正装置着用中は歯磨きやフロスの使用が困難な場合もあります。

受診間隔: インビザライン・ドクターがクリニックや患者様の状態によって、柔軟に治療間隔を調整しながら治療を進めます 治療開始から完了まで、各段階で治療過程を画像・動画で確認できるため、治療期間をより明確に把握できる。

受診間隔: 矯正装置の調整の度に 、
受診が必要となります 。

部分矯正が希望の方。
インビザラインで部分矯正はできません。

治療開始時に治療期間を見積もるのみ。

治療期間中、装置が脱落するなどの
緊急性を要することがありません 。

 

インビザラインができるケースとできないケース

過去のデータの蓄積や治療技術の向上によるほとんどのケースで、
インビザラインが適応できるようになりました。

治療可能なケース 治療できないケース

・ 成人の患者さん

・ 第二大臼歯が完全に萌出した10代の患者さん

外科矯正前の患者さん

・ 永久歯が生えそろっていない子供の患者さん

矯正治療に協力が得られない患者さん

 

 

インビザラインと他のマウスピース矯正との違い

インビザラインでは、最初に精密な歯型を採り、それを3次元デジタル処理されたものと患者さん個別の治療計画にもとづき、コンピューター上でどのように動かしていくか計画を立てます。その際、矯正歯科医が情報を出し、それに基づいた計画が出来上がり、又、細かい部分を修正を経てインビザライン治療計画は完成をします。これは全世界100万以上の患者様の臨床データが反映をされます。
又、他のマウスピース矯正と違い最初に採った歯型で最終形まで何十個も一度に出来上がってくるので毎回歯型を採る様なことはありません。

 

インビザライン

他のマウスピース矯正

歯型の採取

製作時に1回、その他リファインメントが必要な場合に都度

毎回、もしくは2~3回に一度

治療間隔

2ヶ月に一度程度。

2~4週間に一度。

症例への対応と
治療の再現性

精度が高く様々な症例へ対応可能。術前の治療計画の再現性が高い。

都度、バラツキを伴い、高度な治療にはむかない。

快適性

装置の精度が高く違和感が少ない。発音への影響も少ない。痛みも少ない。

インビザラインに比べ、様々な点で劣ることが多い。

クリンチェック

治療前にクリンチェックの3D動画にて御自身の歯の移動や最終の治療予定を御覧いただけます。

難しいです。

 

クリンチェックについて

インビザライン専用の治療計画シミュレーションソフト(クリンチェック®)を使用して、
治療開始から完了に至るまでの歯の移動をコンピューター画面上で
画像および動画として確認できます。

 

インビザラインの流れ

1. 初診相談 (30分~60分)

お口の中を拝見させていただき、気になる所、お悩みの所をお聞きした上、
現在の状態や、治療方法、おおよその期間や費用についてお話しさせていただきます。

2. 精密調査(約60分)

診断に必要な歯の型を採取し、お顔やお口の中の写真、パノラマレントゲン写真、
頭部X線規格写真など、診断・治療計画をたてるために必要な検査を行います。

3. 診断(クリンチェック)

検査結果を基に、当院の矯正専門医が、
「クリンチェック」による綿密で総合的なインビザラインの治療計画を立案します。
この段階で治療期間と治療費用が正確に決定します。
治療の流れや治療計画にご承認いただきましたら、マウスピースを発注いたします。

4. 治療開始

インビザラインのマウスピースをはめて治療をスタートします。
初期段階では月に1回、その後は2~3ヵ月に1回のペースで通院していただきます。
各治療段階で、アタッチメントの装着などを行います。 
そして矯正専門医の指示により、約14日ごとに、
次のマウスピースに替えて治療を進めていきます。
マウスピースは1日22時間以上装着してください。

飲食や歯磨き以外の時間は、いつも装着するようにしましょう。
歯並びの状態によって異なりますが、治療期間の目安は1~3年です。

5. 保定期間

すべてのマウスピースの装着が終了し、歯並びが改善されましたら保定期間に入ります。
舌などのクセによって歯が元の位置に戻ることがないように約1~3年間、
保定装置(リテーナー)を装着していただき、歯列を安定させる期間です。

噛み合わせや歯の経過を観察しますので、保定期間中は約6ヶ月に1回のペースでご来院ください 。

>> 治療費について詳しく見る

 

大人の矯正・子供の矯正も治療実績多数ございます。
ご希望の内容をクリックしてください。