武蔵小杉の歯医者:関原デンタルオフィス24時間受付ネット予約
武蔵小杉の歯医者:関原デンタルオフィスへの相談

シーラントって知っていますか??

■シーラントで乳歯のむし歯を予防する
みなさん、こんにちは。

子どもの歯である乳歯は、大人の歯である永久歯よりも奥歯の溝が複雑です。

食べ物や歯垢 が溜まりやすく、むし歯の好発部位となっています。

そんな奥歯の溝は「シーラント」で埋めるとむし歯予防に効果的です。

▼シーラントってなに??

シーラントとは、レジンなどの歯科用プラスチックで歯の溝を埋める処置です。

乳歯の奥歯や生えて間もない永久歯の奥歯など、むし歯のリスクが高い歯に対して行われ ることが多いです。
歯を削る必要はないので、処置の際に痛みや不快感を伴うこともありません。
歯科治療が苦手なお子さまでも安心して受けることができますよ。

99784779-1793-4842-A6B2-338CCA3D2AC5

 

▼歯の溝を埋めるとどうなるの?

私たちの歯は、むし歯になりやすいところとなりにくいところがあります。

例えば、前歯の平らな部分(平滑面)がむし歯になる人はあまりいませんよね。
これは平滑面に汚れが溜まらないからです。

歯の平滑面は唾液の自浄作用が働いたり、ブラッシングによる清掃が容易であったりする ことから、むし歯菌も繁殖しにくくなっています。
一方、奥歯の溝は自浄作用が働きにくく、食べかすなども停滞しがちです。 そこをシーラントで平滑にすると、衛生的な状態を保ちやすくなります。

▼シーラントを受ける時期

EAF2B9C9-8581-4148-926E-18E0D407F467
歯は生えて間もない頃がむし歯になりやすいです。
乳歯の奥歯であれば 2~3 歳、永久歯であれば 6 歳くらいに歯医者さんを受診しましょう。
それくらいの時期にシーラント処置を受ければ、むし歯のリスクも大幅に減らすことがで きますよ。

▼生えたばかりの歯はなぜむし歯になりやすい?

05438FE8-16D8-4A01-B41A-0D93D6C23AC0

生えたばかりの歯がむし歯なりやすい理由は、主に 2 つです。
1 つは、歯質がまだ成熟しておらず、外からの刺激を受けやすくなっているからです。
2 つ目は、歯磨きしにくいからです。

例えば、6 歳臼歯と呼ばれる奥歯は、その名の通り 6 歳くらいから生え始めますが、正常な 位置まで萌出するには、それなりの期間を要します。
その間、歯磨きしにくい状況が続くため,むし歯のリスクも上昇するのです。

▼まとめ

このように、お子さまの歯をむし歯菌から守るためには、シーラントが有効です。

シーラン トのメリットとデメリットについてさらに詳しく知りたい方は、いつでもお気軽に当院ま でご相談ください。

武蔵小杉の歯医者・歯科【関原デンタルオフィス】武蔵小杉駅5分

日付:   カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ