武蔵小杉の歯医者:関原デンタルオフィス24時間受付ネット予約
武蔵小杉の歯医者:関原デンタルオフィスへの相談

フッ素について

■フッ素が歯に良い理由とは?

みなさん、こんにちは。

神奈川県川崎市、武蔵小杉駅から徒歩1分の歯科医院、関原デンタルクリニックです。

「フッ素は歯に良い」という話はよく耳にしますよね。

ドラッグストアに並んでいる歯磨き粉の多くにはフッ素が含まれていますし、ほとんどの人がそれらを使ってブラッシングしていることでしょう。

けれども、「フッ素が歯に良い理由は?」と問われたら、厳密に答えられる人は少ないことかと思います。

そこで今回は、フッ素が歯に良い理由についてわかりやすく解説します。

D3026997-E170-4D7F-BFE4-C94AC5DEB4A9

▼歯の修復を助ける

私たちの歯は、常に「脱灰(だっかい)」と「再石灰化(さいせっかいか)」を繰り返しています。

脱灰とは、「酸性の刺激」によって歯が溶ける現象です。

わざわざ「酸性の刺激」といったのは、むし歯菌が作る酸だけではなく、飲食物に含まれる酸によっても歯は溶けるからです。

>例えば、スポーツドリンクやワインなど、普段何気なく口にしているものでも、私たちの歯を溶かすことがあるのです。

ただ、唾液には歯を修復する作用が期待できるので、歯は正常な状態に保たれます。

これを「再石灰化作用」といいます。

フッ素には、この再石灰化作用を促進する働きがあるのです。

▼歯を強くする


9FD346CC-8073-46BA-9CD0-B3060E5F6CA3

フッ素には、「歯を強く」作用も期待できます。

歯はもともと「ハイドロキシアパタイト」という結晶構造をとっているのですが、フッ素を作用させることで「フルオロアパタイト」という構造に作り変えられます。

酸性の刺激に対してはフルオロアパタイトの方が有利であることから、むし歯予防効果も高まります。

つまり、フッ素は歯を強くしてくれるのです。

▼「フッ素塗布」の効果が最も高い

6A80E14F-B123-4D6C-AF56-1F9C9B9CF40B

フッ素は、いろいろな方法でむし歯予防に応用することができます。

最もポピュラーなのは、冒頭でも述べた「フッ素入り歯磨き粉」ですね。

フッ素が入った溶液でうがいをする「フッ化物洗口」を行っている人もいらっしゃることでしょう。

そんな中、最も効率的にフッ素を作用させることができるのは「フッ素塗布」といえます。

フッ素塗布は、高濃度のフッ素が配合されたジェルを歯の表面に塗り付ける処置です。

取り扱いに注意が必要なので、歯科医師や歯科衛生士でなければ施術が難しい応用法といえます。

それだけにむし歯予防の効果も極めて高くなっています。

▼まとめ

このように、フッ素は歯の修復を助け、歯質を強化してくれる素晴らしい物質です。

フッ素入り歯磨き粉を使用することはもちろん、定期的にフッ素塗布を受けることで、むし歯の予防効果はさらに高まりますよ。

武蔵小杉の歯医者・歯科【関原デンタルオフィス】武蔵小杉駅5分

日付:   カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ