武蔵小杉の歯医者:関原デンタルオフィス24時間受付ネット予約
武蔵小杉の歯医者:関原デンタルオフィスへの相談

幼若永久歯ってなに?

■生えて間もない「幼若永久歯」の特徴とむし歯予防法
みなさん、こんにちは。
みなさんは、生えたばかりの歯はむし歯なりやすいのをご存知でしょうか?
生えて間もない大人の歯を
「幼若永久歯(ようじゃくえいきゅうし)」
と呼ぶのですが、成 熟した永久歯とは異なる特徴がいくつかあります。
今回はそんな幼若永久歯の特徴と効果的なむし歯予防法についてわかりやすく解説します。

221D8137-954F-4525-9650-BCB6DA3A5982

▼幼若永久歯とは???
幼若永久歯とは、生えて間もない未成熟な永久歯を指します。
永久歯は、生えてきた時点でもうすでに完成しているように見えますが、実際は不完全です。
幼若永久歯のエナメル質を顕微鏡で観察すると、ひとつひとつの結晶が小さいことがわかります。
歯の根っこも短く、先っぽの「根尖(こんせん)」も塞がっていません。 それだけに、むし歯などの病気にかかりやすくなっています。
▼フッ素塗布で歯の成熟を促す
08E7058C-4BEF-4073-B9D0-DF6CC58727AA

幼若永久歯は、歯根の発育も含めると、2~3 年かけて成熟していきます。
その間、ずっとむし歯のリスクが高い状態なのは危険ですよね。
そこで有効なのが当院でも行っている「フッ素塗布」です。
高濃度のフッ素が配合されたジェルを歯の表面に塗布します。
そうすることで、歯の石灰化が進み、幼若永久歯の成熟も促進されます。

▼永久歯が生えてきたら歯科を受診
6EE4C668-B44E-45CD-8E2B-83EFB63B2766
せっかく生えてきた永久歯なのに、すぐむし歯になってしまったら残念ですよね。
そうならないためには、大人の歯に生え変わる時期になったら一度当院までお越しくださ い。
一緒にお子さまの歯をむし歯菌から守っていきましょう!!!

武蔵小杉の歯医者・歯科【関原デンタルオフィス】武蔵小杉駅5分

日付:   カテゴリ:お知らせ, スタッフブログ